みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 実用的・・・それは蟹座。

    良く勘違いされるんですが、蟹座って、精神世界とか、心理の世界とか、そういうの好きですよ。
    心のことに寄り添う事は大好きです。

    でも、何より大事なのは、
    「それで飯が食えるか?」⇒生活出来るか?生きていけるか?です。

    その意味では、水サインの中でももっとも現実的だと思います。はい。

    9/15(金)のホロスコープ!
    20170915.png

    この日は月が蟹座の真ん中あたりにあります。
    人の愛に寄り添うことが可能ですが、同時に社会的な面で、成功したい!とか、結果をだしたい!というような希望、
    また理想だと思える環境を整えたいなどと思いを巡らせそうな感じです。

    この日は主に生活面、健康面を整えることで、これらが手に入ってきやすくなりますが、
    具体的に行動することもまた大事になってきます。

    蟹座って、とても実用的です。
    「それしたら飯がくえるのか?」
    とか、そういう気質です。
    そういう感じじゃないと、生活をしていくことは出来ないからです。
    だから、実質性が大事だし、実用性も大事。
    そういう確かなもの、地に足がついたものじゃないとダメなんですよ。

    蟹座は水のサインなので、精神性の事ばかり・・・と思いきや、そういう意味では
    わりと飯が食えないことには興味を示さないこともあります。(爆)

    この日はそんな蟹座に月がはいって・・・ここは月の本来の場ですので、
    実用性重視なかんじになるでしょう。
    また、特に目標とかないなーとか、そんな場合は今、目の前にあることの快適さを求めて、その事を行う感じですかねー

    さて。
    金星は獅子座の後半を走っていますが、
    木星や天王星とコンプロマイズを組み、さらに土星と木星と小三角。

    恋愛で盛り上げる、ということもありますが、
    勉強や目指しているものに対して、力を発揮することは結構あります。
    閃きを形にしよう!とその感性を活かす場合もあるでしょう。
    自己の感覚を大事にすること、
    自分の個性を認めていくこと、
    あとは・・・ドキドキわくわくすることをやること!

    それらが自分を高めてくれる要素になりやすいですよ♪
    この時に、とにかく自分を否定する感覚をなくすことが、より高められるコツです!

    一方・・・
    自分のやるべき事、目標や目的に対し、ストイックに突き進むという配置は続いています。
    ここは、自分をしっかりとしつけて、ビシバシと「やることはやる!」としたほうがいいです。

    えっと、やっぱり世の中で結果を出している人は、
    ワクワクすることも、楽しいと思うことをやる、ということもやってますが、
    それと同時に、マゾか?ドMか?
    と思うほど、やるべき事をしっかりとやりこなしています。
    だから、結果が出せるのです。

    その結果を苦しんで出したか、楽しんで出したかは分かりませんが、
    とにかく「やることをやっている」のです。

    もし、なんか結果でてないな~
    なんて思うことがあったら、何かをやってないのですよ。

    その場合は、ちょっとでもいいから、そのことに取り組むことをお奨めします!
    やるべきだと自分が思ったこと、やりましょう!!

    太陽のサビアンは、乙女座23度「動物のトレーナー」(An animal trainer.)

    ということでこの日は、心理的には割と敏感です。しかし、なにかと気づきが多く、その気づきに基づいて、とっても実質的に動くことも出来るでしょう。
    もちろん、誰かの心にちゃんと寄り添って、交流することも出来ます。それとはまた別に、目標などに向かって、ゴリゴリと行動していくことも出来ますよ。
    そして、感性を活かす事、ひらめいた物をすぐに実行するなどすると、どんどん自分が高められます。
    自分を高めていくこと、それは自分を結果的には価値ある存在に育てていくことにもなります。
    着実に、実行していくといい感じです!

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top