みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 社会性を高めるには?の満月!!

    満月でーす!
    社会性を高めるには、その対向にあるものを大事にしないと・・・!です!!

    1/2(火)の満月ホロスコープ!
    20180102_full.png

    さーて!
    新春すぐの満月ですよ~
    満月の解説を動画でご覧になりたい方はこちら!
    https://youtu.be/Q2TCNPeFzgs

    で、満月部分のサビアンは・・・
    太陽のサビアンは、山羊座12度「講義をする自然の学徒」(A student of nature lecturing.)

    そんなわけでですね、満月なんですが、
    今回の満月。
    太陽が見事に10ハウス、天頂側にあるでしょ?

    いきなり解読の絶頂ポイントから読みますが・・・

    金星・太陽・冥王星、
    これぞ、

    社会の中でガッツリワクワクしながら自分を出していくぜーーーー!!

    っていう満月です。

    そして、反対側にある月は、
    がっつり、家の中でくつろぐことを示しています。
    自分の心によりそい、感情を大事にします。

    そして、潜在意識からちゃんと自分へのメッセージ、受取れますね~♪

    これらの社会性と私生活のきれいなコントラスト。
    これを支えるのは、火星と木星、そして海王星です。

    これらはやっぱり心の中を大事にすること。
    そして、潜在意識を大事にし、
    自分の隠れた部分を大事にし、
    そして、パートナーとの絆を大事にするといいんですよ!

    ってことはつまり!!!

    家族やそばにいる人、そして自分の心にしっかりと寄り添うことが大事!

    それをやると、社会の事は飛躍していく!ってことです。
    ちなみに~~~!!

    社会のこと、と書きましたが、これは仕事の事を示している人もいるけれど、
    そうじゃなくて、
    ライフワーク、や社会との繋がりのことです。

    社会との繋がりが、仕事によって行われている人が大半だと思いますが、
    そこにもう少し・・・・
    自分がただ働くのではなく、
    自分が目指したいところ、
    自分をちゃんと表現したところで、というのが入ってきます。

    もう少しちゃんというと・・・
    自分の魂の役割をやっている、ということです!!

    でも魂の役割をやる、と肌で感じているひとと、
    そうじゃない人、います。

    私だって、昔は無我夢中で、ただ生きていたのです。
    何も分からずに。

    でも、ちゃんと導かれていました。

    どうして導かれたか?

    そこが重要ですよね。^^

    それは、、、、自分を出していったことです。
    自分がどんなに叩かれても、人からいろいろ言われても、
    それでも自分を表現していきました。

    その方法がマズイ時もあって、
    批判されたりとかありましたよ。
    でも、それでも自分を表現することをし続けてきました。

    自分を表現している人は、
    絶対に導かれていきます。

    ただ、表現の仕方はかなり学ぶことになります。(笑)
    最初からうまくいかない事もあります。

    でも、自分が思ったこと、意見、感情。
    そういったものを押し込めないで、出して行ってほしいです。

    なんでこんなこといってるかというと、
    獅子座のヘッドがあるんですよ!!

    で。
    さらにこの日・・・
    牡羊座の天王星が順行!!!

    というわけで、自分にスポットライトをあてて、
    そして、自分を表現しましょう!!

    で、もって・・・・

    社会性、アップしていきましょう!!

    ということでこの満月は、社会性を大いに盛り上げましょう!そのために、日々の生活や、家族、周囲にいる人との交流、そして自分の感情や思いを大事にして、そして表現すると良いですね~♪
    そうすると、本当に自分がやりたい事とか表現したいことが、ちゃんと社会に投影されていきます。
    そして、それが、ちゃんと現実化、具現化していきますよ~~~♪

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top