みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 自分の持ち物、認めましょう!

    ※5月20日~5月29日まで、研修の為、海外におります。
     セッションのご予約等、お返事は30日以降になりますことを
     ご了承くださいませ。

    明日から、渡航するというのに、
    仕事も終わっていなければ、
    荷物も詰めておらず、
    ついでに寝不足・・・・・・・(><;)
     
     
    5/21(月)のホロスコープ!
    20180521.png

    この日は月が獅子座の中ごろにあります。
    ドラゴンヘッドとくっついていますので、水星と木星を含めて、ドラゴンテイル(表示されていませんが)を合わせ、
    グランドクロスになっています。
    固定宮のグランドクロスです。

    この日、牡牛座から双子座へと太陽が移って行きますが、
    その前に、自分の持っている能力、これを認める、ということをするといいですね~

    もっと他の言い方をすると、
    自分の能力を認める、自分の全てを認める、さらに!
    自分を大事に扱って、自分の価値を高めていく、
    この意識を持って、双子座に入るといいと思います。

    固定宮のグランドクロスはこれを補強してくれるでしょう。

    今、実はドラゴンヘッドが土星と150度になっています。

    社会的な常識と、各々が持っている魂の目標(各々の部分と、集団で共有している部分とがあります)
    それらが切磋琢磨する感じがあります。いわゆるジレンマ状態です。
    でもこのジレンマがないと、個々が尊重され、輝く時代はやってこないです。

    ジレンマや壁があるから、それを突き抜けようという気にもなりますし、
    エネルギーが沸いてくるものなのです!

    この日、なにか制約、圧力、ジレンマを感じたら、
    「ああ、それを振り切るいい機会なんだな、自分を出して行こう!」

    そんな風に思ってみてくださいませ!
    勇気をもって、自分を表現です!

    さて、双子座に太陽が入りますと、いきなりキロンと火星と小三角になり、これがまた、炸裂しそうです。

    双子と牡牛座の大きな違いは、その柔軟性。
    なので、変化に対する柔軟力が発揮されると思うのですよ。

    どーんと来た変化に対しても、この日から対応力が付くかもしれませんし、
    自ら変化をおこそう!となさるかもしれませんね~♪

    えっとですね、後、金星と火星が150度です。
    恋愛は、、、アレですけど、
    やっぱりアレ、なんですけど。

    でも、創作活動は、気合を入れると、すごく良いものが出来る可能性がありますね!

    太陽のサビアンは、牡牛座29度~30度に変わります。
    牡牛座30度「古代の芝地をパレードする孔雀」(A peacock parading on an ancient lawn.)

    ということでこの日は、某、油メーカーのCMのごとく、
    自分の価値を認めていこう~~!!って感じです。そして、自分を出していって、ジレンマを突き抜けるといいですね!
    牡牛座の最後は、とにかく自分の全て、能力や持っているものを認めて行くといいですよ~♪
    そして太陽が双子に入って、変化への柔軟性が出てきます。変化があっても、それにスムーズに乗っていけますよ~
    恋愛はアレですけど、創作はとってもグッドな配置。ちょっとした引っ掛かりがあっても、パワーで打ち破っていきましょう~!

    潜在意識の書換えセッション、はじめました!

    鑑定のメニューに、潜在意識書換えのセッションが加わりました。
    どうしても叶えたい願いがある、どうしても現状を克服したい!
    占いだけでなく、実際の行動に移して行きたい!
    早く結果が欲しい!前に進んで行きたい!
    そのような方に向いた、大変パワフルなセッションです。
    占星術と潜在意識の書換えで、願いに対するダブル効果を発揮!
    あなたの願いを叶えるセッションで、現実を切り開いていきませんか?
    もちろん、占星術のみのセッションも行っております!

    詳細・ご予約はこちらから
    https://www.tsukinosu.com/kantei/

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top