みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • みんなの中の私。個性的な私。

    現在、エジプト行の準備を・・・とりあえずしている私ですが・・・

    旅の友である、島添美奈子くんからのLINEで驚く

    「まゆみちゃん!私たちは頭が腐っている!」

    「なに?!」(まさか一日間違えたとか・・・)

    「成田じゃない!羽田に行くのよ!」

    !!!

    すでに成田行きのバスを予約していた私たち。

    ・・・キャンセルだよ・・・バス・・・

    でも、気が付いてよかった~~~!!(T▽T)♪
    日頃の行いが良いからだわ~~~

    ・・・ちなみに、島添君と私は共に方向音痴である。

    どうなる事やら。
    珍道中はすでにはじまっている・・・

    10/4(火)のホロスコープ!
    20161004.png

    この日は月が蠍座の12度!金星とぴったりだわ!
    で、冥王星とヘッド&テイル、海王星とダイヤモンド型です。

    昨日もお伝えしましたが、これは自分のセンスや能力を恥ずかしがらずに出すといいですね。
    そうすると天命に乗ることになるし、ついでに時代に貢献する、みたいな流れにもなります。
    もしそこまでじゃなかったとしても、それでも自分の内面の成長などに役立つでしょう。

    また、愛に関しても深いところにアクセスできますので、トラウマなどを癒すのにいいと思います。

    太陽と木星はコンジャンクションしていますが、太陽が木星からだいぶ距離を取り始めました。
    で、太陽は冥王星と90度です。

    だんだんと、周囲と協力しながらも、自分を掘り出す作業が進んでくると思います。
    周囲と比較しないと自分がどうあるか?自分が分からなくなること、ありますよね。
    天秤座はそういうの得意なんですが、その天秤座気質が発揮されます。

    周囲の中にいて、比較出来るからこそ、自分が分かる、みたいな感じです。
    ここのところ、太陽は実は海王星と150度で、周囲に振り回されるという一面があったかもしれません。

    でも、もう大丈夫。
    自分が分かってくるでしょう。(^ー^)

    自分を理解する、というプロセスは、本当に大事なんです。
    というか、人は自分を極める為に生まれてきていますし。
    自分を活かして、貢献させて、そして充実を得る生き物なんです。人間は。

    だから、他者の中にいながらも、協調しながらも、個性的でいることが大事なんですね~

    なのに、今の日本ときたら・・・みんな右に倣え!ってかんじでしょ??

    皆と同じ方向を向く必要なんかないです。
    むしろ反対を向いてていいです。
    というか、全員ばらばら、だけど協調している。それが本来ってものだと思うのです。
    皆と一緒じゃなくてもいい自分。
    皆と一緒で気持ちいい自分。
    そのどちらもを楽しめるようになると、この天秤座の世界は心地よくなると思うのですよね。

    水星ですが、キロンと180度。
    もし、神経などを傷めてしまった人、あるいは薬漬けになってしまった人は、ここらへんで治しておくことをお奨めします。
    もう、そこまで悪いことにはならないはず!

    木星と火星は90度。火星は木星に煽られているなあ・・・
    火星暴走。
    がんがん獲物を狙い撃ち!
    ですね。(^ー^)

    太陽のサビアンは、天秤座12度「山から出てくる炭坑夫」(Miners emerging from a mine.)

    ということでこの日は、気分はいい感じですよ。
    愛に満たされた感とか、喜びな感じが自然に出てくると思います。楽しい♪
    で、ただ楽しむだけでなく、やっぱり自分の個性をちゃんと活かした活動をしておくと、さらに楽しめると思いますよ。
    それから愛の癒しも、進めておいてくださいませ~
    そして周囲との関係性のなかで、自分を掘り出していくような、そんなことも楽しんでみることをお奨めいたします。
    人とすごくくっ付いている喜び。そして、周囲とぜんぜん違う自分を知る喜び。
    相反するどちらもを、楽しめる日なので、感じてみてはいかがでしょうか~♪

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top