みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 恋愛上手は人生上手?

    はい、また一日遅れでございます。
    ごめんなさいっ!

    6/7(木)のホロスコープ!
    20180607.png

    この日は月が魚座の真ん中あたり。
    海王星とぴったりくっつき、
    太陽と水星とぴったり90度。
    全部、16度(繰り上げ17度)ですね。

    下弦の月になったわけです。
    今回の新月は、変化に始まり、変化に終わるわけで、
    その中で、どんな「情報を得て」「どんな思考」に変わったか、

    思考と書きましたが、思い、でもかまいませんが、
    とにかく、どう変わったかが非常に重要になってくると思います。

    それを助けてきたのは、海王星、木星、冥王星の小三角。
    潜在意識、心理的な思いやイメージ、ビジョンです。
    これらを未来に向けて、しっかりと解き放ち、
    そして、未来を今に出来た人は、この情報に翻弄されずに、
    逆に情報を使う側に転じられると思います。

    転じられた方、あるいはこれから転じた方、どちらかになると思います。

    双子座太陽もいよいよ後半戦にはいって、だんだんと目標を定めていく段に入ったのですね。

    自分の潜在意識、魂が何を求めているのか、
    それをちゃんと聞いた方がいい時期です。

    それを聞くには、自分の体に相談するのもいいですね。
    なぜなら、自分の宇宙(自分の世界)は、
    自分の体で体現されているからです!

    これ、イコールの関係になっているのですよ!

    自分の体がイマイチな方は、どこか自分の世界もイマイチなんですよ。

    書くいう私も、今は、超絶、イマイチです。(笑)

    で、イマイチ、っていうと、がっくり来るかもしれませんが、
    未来をかえていこう!なんて精神状態の時に、
    イマイチなのは当たり前。
    だって、今までと違う状態に自分でしようとしているのですから、
    イマイチになりますよ。

    完全に調和的な状態では、未来は変えていけないんですよ。

    その意味で、完全な調和の状態は、ほんの一時期だけ、くらいの方がいいかもしれませんね。

    人間はいつでももがく、もがきながらもハッピ~なんてかんじたと、一番のだと思います!

    さてさて。
    恋愛に関しては、男女のちぐはぐな感じが出てしまっている状態だと思います。

    女性は繋がっていたい、男性は、分離していたい、そんな時期だからです。

    こういう時は、その男性の分離したい感じを女子は上手に使えばいいし(笑)
    男性は女性の繋がっていたいを、上手に使っていけばいいのです。

    そうやって、駆け引きするのは、とっても大事ですよ。
    恋愛の駆け引きは、なにせ自分の能力、心も体も存分に使って、勝負することが出来ることなんですから!

    占星術だと、金星と火星で示されますが、このセットは個人の力をバーンと伸ばすのですよ。

    双子座の太陽は、自分を伸ばすことに関与しますから、
    その意味でも、この自然にはソリが合わない男女間の時に、頑張ってみるとぐっと、
    男女関係の成長出来ると思いますです!

    太陽のサビアンは、双子座17度「知力の頭に溶けていった健康の頭」(The head of health dissolved into the head of mentality.)

    ということでこの日は、双子座の太陽大詰め!ってことで、この変化の時をしっかりとしみこませるために、未来のイメージやビジョンを強くもってみてください。そしてそれにあった思考、思いに変化させていってみましょう!
    こういう時に、肉体や身体は、どこか不調になります。不調でOKです!
    無理に整えるというよりは、心と体を未来に向けて変化させるのだ!というような調整の仕方をすると、
    良い感じで健康になっていくと思いますよ!
    それから、男女関係も、やりにくい運勢ではあるものの、それを上手く使って、自己の成長をするといいかもです。
    恋愛上手、人間関係上手は、人生上手と言いますしね!個人の力を伸ばしていくといいですよ~♪

     

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top