みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 行動力と心の静を上手く使って!

    実は、どんな時も、感情的にならないほうが、人生は上手くいくそうです。

    そうなるにはどうしたらいいか?

    心に「静」の状態を作るということです。

    これが長い方が、感情に揺さぶられる率が少なくなります。

    やってみると分かるのですが、肝が座るって感覚、あんな感じになる時間が
    多くなるのですよね。

    これは結構、心地が良い状態だったりしますよ~

    3/4(土)のホロスコープ!
    20170301.png

    はい、この日は月が牡牛座の後半にあります。
    なんと!逆行木星と150度!

    周囲の人の影響をちょっとオーバーに受け取ってしまうかも。
    あまり人とは関係ないぜ!自分の事やるぜ!という風に気持ちを切り替えるといいですね。

    自分が今、集中していること、一生懸命考えているアイデアとか、そういうものを形に出来る可能性がありますね。
    (キロンと冥王星と小三角)

    で。
    やっと火星と冥王星との90度が外れてくれまして・・・
    まあ、木星と天王星を介して、まだ影響はありますが、かなりマイルドになってきているとは思うのですよね。

    なので、自分がやりたい事、
    その中でも特に、チャレンジしたいこと、
    勇気を出さないと出来ないことをやってみるといい
    ですね。

    自分がやりたいと思う事って、周囲の承認を得られない時もあります。
    それでもそれをやるといいのですね。

    今はとても勇気が出る時。
    奮起出来る時です。
    ちょっと前までは、あんまりコントロール効かないし(爆)
    周囲の圧倒的な力にやられていたかもしれませんが、
    今は、そのパワーを冷静に受け取れる時です。
    だから、大丈夫!
    自分のために使ってみてくださいね~♪

    (火星、天王星・冥王星・木星のTスクエア)

    そして、それを使うことで、理想の社会性や社交がだんだんと整っていきます。
    少しづつ、ちゃんと地盤が作られて行くでしょう。

    もちろん、周囲の顔ぶれは変わるかもしれません。
    でも、いいのです。
    周囲の顔ぶれが変わらないほうが、むしろマズイ、と思ってください。

    自分が成長すれば、その周りにいる人も変わるはず。
    あるいは、顔ぶれは同じでも反応が変わるはずなのです。

    なので、勇気をもって、自分がやりたいこと、やっていきましょう!
    (火星・土星・木星のコンプロマイズ)

    さて。太陽ですね。
    癒しモードはまだ続きますが、ただ癒されている時、ただ具合が悪い時からはだんだん離れています。
    自分でイメージをして、新しいステージへの自分を作る準備の時に入りつつありますよ。

    まだはっきりしないし、
    なんだかよくわからない、と思う人も大丈夫!

    とにかく、ビジョンを取ってくる、インスピレーションをひらめかせる!
    ということに集中してみてください。
    それだけで、大丈夫です!

    (水星・海王星のコンジャンクション、太陽のコンジャンクション)

    太陽のサビアンは、魚座14度「キツネ皮をまとった女性」(A lady in fox fur.)

    ということでこの日は、結構、心の深いところにアクセスして、ちゃんと自分がやりたい事を出来る日だと思います。
    周囲に少し踊らされてしまうことも有るかもしれませんので、自分に集中するように心がけてみるといいでしょう。
    そうすると、大丈夫。
    そして、上記に書いてあるとおり、勇気をもって自分がしたい事をする、ということをやるといい時期です。
    そしてまだビジョンがはっきりしないな~だから、何をしたらよいかわからない!という方。
    インスピレーションを研ぎ澄ますといいですね。
    なになに、簡単な事です。
    空白の時間をつくること、心を「静止」する時間を少しもてばいいだけのこと。
    これを持つと、ちゃんとインスピレーション、イメージは入ってきますよ!大丈夫!

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top