みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • またも枠組みぶっこわし??

    また夜更かしが続いています。。。

    だって、、、ちょっと私にとって、面白いブログを見つけてしまったから。(爆)

    他人様のブログは、それがたとえ芸能人の物であろうと、ほとんど見ない私ですが、
    美容系ブログ、医者系ブログは、
    めっちゃ読んでしまってます・・・

    特に、手術の写真が乗っているのとかは、めっちゃみます。皮膚科はいいね。グロイしいいね。
    とくに粉瘤手術のなんか、最高!!

    しかし、さっきまで見ていたブログは・・・

    変な食べ物ブログです。

    美味しいものだけとは限りません!

    なんでこんなん、見ているんだろうな~~・・・

    1/13(日)のホロスコープ!
    20190113.png

    この日は月が牡羊座の前半にあります。火星とコンジャンクション。
    という事は、金星と120度です。
    また水星や土星と90度でもあります。

    やる気に満ち興味があることをどんどん試してみたいと思うでしょう。
    好奇心のままに行動する傾向も強く働きます。

    しかし反面やらなければいけないことなども、ちゃんと意識するとすると、できてしまうでしょう。
    ただし、それにはちょっとばかり気合を入れなければいけないかもしれません。

    どちらにせよ、行動力が発揮されるのですから、現実を動かす力が発揮されます。
    やるべきことを先にやるか?それともやりたいことを先にやるか?それだけの差ですね。

    さて刻一刻と太陽は山羊座を進んでまいります。
    現在山羊座の並びは水星、土星、冥王星、太陽となっていて、なんとなく前半が水星、土星、そして後半に冥王星、太陽があります。

    太陽がこれまでの過去の実績等を踏まえた上で、それを大きく変える未来の目標を打ち出し始めたと言う感じです。
    で、ここから水星が移動していきながら、その目標の最初にできることを、なんと積み上げていく、と言う感じになります。

    この日はその水星にひっかけながら、月が移動していきますので、目標に向かって駒を進めることが比較的楽にできるでしょう。

    で。
    太陽が山羊座の後半の度数にあるわけなんですが、、、、
    なんと牡羊座の天王星と90度を取り始めました。ドラゴンヘッドを加えるとTスクエアになります。

    ここで目標の路線を変えないことが大事なんですが、せっかく決めた大きな夢を
    さらにもっと大きく変化させなければならないことになるかもしれません。

    せっかく変化したのに、また変化かよ!!(怒)
    と怒るかもしれませんが、ここは冷静にその大きな変化に乗ってみる、その変化を受け入れると選択した方が良いでしょう。

    それは今までにないようなすごい変化なことがあると思いますが、だからこそ、
    自分には全くイメージがないためにそれを受け入れたくないとするかもしれません。

    チッチッチッチッ、お嬢さん、そいつぁーいけねー

    と、船越英一郎さんあたりが、言ってたかいわないか、とにかく!!

    しかし今の運気は、とにかく受け入れた方が良い時期なのです。

    変化に慣れるっていうのはとっても大変なことです。それが未来の基準であってもです。
    だけど今は、自分の枠組みを変化させる、大きな動きが必要な時でもあるのです。

    太陽のサビアンは、山羊座23度「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」(Two awards for bravery in war.)

    ということでこの日は、自分の気分の赴くまま、やりたい事を思いっきりやることができますし、またやるべきことも同時にスムーズに済ませることができるでしょう。どちらにせよ行動力が増す時ですので何らかの結果を生み出すことができそうです。
    そして今は、これまでの自分の現実を打ち破り、新たな方向へと駒を進める時ですが、そのたった今決めた目標ですが、今はもっともっと大きく変化する可能性があります。
    変化が大きくなると、自分ではできないんじゃないかとか思って、とても不安になったりすることもあるかと思います。しかし、今起こった変化は、自分でしっかりと向き合って、考え、決断していかなければいけないようなものです。それこそが自分の次のステージに向けての成長を促すことになるでしょう。

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top