みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • その状態は素晴らしいのです!!

    いや~、もう3月ですね~
    2019年、もう何カ月もたっているかのように、怒涛のように時が流れて行きますが、
    まだ2か月しかたってない!

    でも、もう、2か月も過ぎた!!という感じです。(爆)

    3/1(金)のホロスコープ!
    20190301.png

    この日は月が山羊座の前半にあります。
    太陽と火星と小三角になっています。
    目標や、思い描いたことを新しい価値に合わせて、構築していくことができるでしょう。

    では、新しい価値とは何なのかという事なのですが、今ここ最近の傾向を見ていると、やっぱり自分らしくと言う感じになるでしょう。
    新しくも何ともない価値と思うなかれーーー!!
    「自分らしく」は本当は、なかなか新鮮なものなはずなのです。

    「自分らしく」っていったって自分のことなんか全然わからない!という方が大半だからなんですね~

    では、問います。
    もし今の自分が、社会的常識や、教育等がなかったのなら、自分は一体何をしていたでしょうか?

    そう、例えば幼稚園の頃あるいは保育園の頃といったことを思い出してください。
    まだ社会的な観念があまり育ってない頃です。
    人によっては、親に相当教育されている可能性もあるでしょうが、大概の子供はまだ天然で、自分のありのままを表現していた頃だと思います。

    その頃は、どんな遊びが好きで、どんな感じで過ごしていたか、何を好んでいたか、そして人からどんな風に言われたかというの思い出してみると良いでしょう。

    それはまさしく、あなたの生まれつきの気質や、あなたが生まれつき大好きだったことがそのまま表現されている可能性があります。

    今の時期は、そうした自分本来の価値観や、自分本来の感性をありのままに表現してみるのがどうもよさそうな時期のようです。
    おそらくキロンが春分点を超えたことや、天王星が牡羊座の最後を走っている事からかもしれません。

    キロンも天王星もどちらも改革と関連する天体だと私は見ていますが、それらどちらもが、ありのままの素の状態を表す、牡羊座の1番最初と1番最後を占めています。
    このことはありのままの自分をそのまま出すその価値の素晴らしさに気づく、ということを示しているのではないかと思います。

    もうそろそろ、この配置は天王星がおいしさに入ることによって終わってしまいます。
    それが終わる前に、ぜひ自分らしい価値と言うのをつけ取り戻し、それを表現してみてはいかがでしょうか?(*´∀`*)/

    さて金星は山羊座の最後に入っています。あっという間ですね。
    金星と天王星とドラゴンヘッドが綺麗なTスクエアになっています。美的センスはかなり研ぎ澄まされるでしょう。

    この配置は、とても素晴らしい、シャープで美しい感性が表現できるという感じです。
    他に、魚座の水星もあることから、直接では無いものの、おしゃれ、美や芸術、創作ということに関してはシャープに表現できるでしょう。

    明日になるともう水瓶座の金星となりますが、それでも割とセンスの良さは光でしょう。
    でも、一般に受ける形でセンスを出せるのはこの日という感じになりますので、
    一般大衆受けしたいと思う作品を作る人は、ぜひこの日のうちにアイディア出しをしてみてはいかがでしょうか?
    (て、めっちゃ遅い?言うの遅い???)

    太陽のサビアンは、魚座10度「雲の上の飛行家」(An aviator in the clowds.)

    ということでこの日は、割と真面目に、真剣に、目指している目標ダイレクトに進めるでしょう。でもそれも、自分の素の状態、本当に自分らしい状態を表現するとスムーズに行くと言う感じです。自分らしさが分からなかったら、友人、他者がいう事を信じてみることもいいと思いますよ!
    何せ人間は自分のことを自分で把握するのは難しいですから。(爆)
    また作品等を作っている方は、ぜひ今のうちに出しておくといいと思います。特に美的センスを出していくものや何かに関しては、この日アイデアを出しておくことで、わりとみんなに受けるいい感じの作品が作れそうです!

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top