みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 男女で愛し方は違うのです

    3/13(水)のホロスコープ!
    20190313.png

    この日は月が双子座の前半にあります。
    キロンと60度。

    他、金星と120度になるまで月は突っ走ります。

    双子の月なので、水星に影響を与えます。

    この逆行の水星は、ご自分の内面を見つめ直したり、自分の内側の声をよく聞いたりすることに使われていきます。

    今水星が順調に逆行していて、そろそろ太陽にくっつき始めています。
    そうするとこの太陽は夢や希望に、内観した自分の心の声を追加することになり、結局はご自分のスピリット、つまり魂の声を聞いた上で、自分の目標や目的に対して進むことができるようになると言うことなのです。

    魂の声を聞いた上で、自分の人生の目標を決めると、それはかなり効率が良いことにもなりますし、さらに現在太陽・土星・火星で小三角になっていますので、土星・火星が、それを具現化し、とても満足のいく結果が得られるということになります。

    なので、今は自分の心の声を聞くということがとっても大事になってきます。
    この日はその傾向がかなり強まりますので、とても良いと思います。
    ただ放っておくと双子座の月は、周囲の情報をいっぱい受け取る、ということにだけ使われてしまいますので、そこは自分にフォーカスするということを忘れないでおくことが必要です。

    さて、金星と火星90度ですが、これが本当にいろんなことを巻き起こしてますよね。

    固定宮で起こっているので、男女のお互いの笑顔がぶつかり合うのです。特に火星が動勢などと配置されているために、かなり強く出る感じになっています。

    男性の愛は、女性の間全く異なるものです。
    だから、女性は男性の愛に気づきにくいと言うことになります。
    また女性の愛に男性は気づきにくいです。

    まぁ私は女性ですので、1つ言えることが、女性はいつでも男性の体を気遣い、生活を気遣い、男性が心地よく暮らせることを願っています。

    そして、男性が素敵であることによって、女性は自分がとても良い感じでいられるのです。

    男性は身なりであったり、自分の生活はどうでもいいみたいな感じになりやすいのですが、女性からするとそういう男性の、どうでもいい感じっていうのは何かこうちょっと・・・
    自分が男性の役に立ってる感じがしないのですよね。(笑)
    だから、彼に愛があげられてないみたいな気持ちになっちゃうのです。

    基本的に女性は、男性の面倒を見たいのです。
    だからその分は、女性に任せて欲しいみたいなところもあります。

    逆に男性は、大いなる力で女性を守ってくれようとするのでしょう。
    しかし自分がやりたいことが先行したり、自分が女性に対して責任を持てないな、と思うと、突き放したりするのです。
    つまり責任が負えないのであればが身を引くと言うことです。
    これも愛の1種なのですが、それが全然女性にはわからないのです。

    まあ大体こんな感じで、価値感がすれ違うことが多いでしょう。

    こういうことを、前提でしておくと、少しは変な方向に行くのが免れると思います。

    今は本当は、みんな愛に溢れている時期です。
    でもそれが方向がずれてしまうと、結局すれ違いになってしまいがちということになるでしょう。

    太陽のサビアンは、魚座22度「シナイから新しい法則を持ち降りてくる男」(A man bringing down the new law from Sinai.)

    ということでこの日は、情報が早く流れ、それに対応するのが大変になりそうです。また周囲の瑣末なことに気を取られがちですが、実際は内観をしっかりして、自分の魂の声などを聞くと充実する時です。
    自分の魂がどんなことを意図しているかを、しっかりと受け取ると良いでしょう。

    それから男女関係に関しては、いろいろすれ違いますが、上記を参考になさってください。
    基本的に今がすれ違いがちである運気です。もう少し過ぎれば、その誤解も解ける時だということを忘れないでおいてくださいね!

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top