みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 想定外を想定内に。

    はい。
    またも、地位がある人が事件を起こすと言うことが起こってしまいましたね。
    これについては、明日の記事に書きたいと思います。

    本日は
    またシーサイドラインの事故では、想定外のことが起こりました。

    今は、想定外のことが起こるのが想定内にしないとなかなか難しいのかもしれません。(爆)

    これは、天王星がかなり効いていることを表しています。

    天王星は起こりうる限りの想定をした人間の知恵を、確実に破ってくるような方法をとってきます。

    そうやって私たちを発展させようとしているのですね。

    起こってしまったこと、実際にシーサイドラインを使っている方にとっては、大変な事でしたが、これを機に、自動運転の新たな発展、そして、何らかの事故が起こってしまった時の対応方法など、ケアすることが出来るようになると・・・
    思います。期待します。ええ、期待します!!

    特に冥王星と土星が逆行している今、常識がそのまま行使されることが、薄くなっている状態です。
    だからこそ余計に効きが良いのだと思います。

    20190604.png

    4日のチャートを見て見ると、天王星と木星が135度を形成しています。
    これからしばらく135度のままでいます。

    これは本当に想定外のことが起こり、そこでは本当に私たちは、どうにもならないと言うことを経験するでしょう。

    これはいかんともしがたい!!が、しょうがない!対応せざるを得ない!
    これが135度。

    どうにもならないことでも、どうにかすると言うところに、人間の知恵があるのだと思います。
    どうやって起きてしまったことに対応するか、そこが自分の成長が促されるチャンスなのです。

    そんなわけで、
    6月4日は、新月の流れを組んで、そのままするっと流れていく感じがあります。

    ご自身の可能性を形にすることに、フォーカスするといいと思います!(^ー^)

    【自己統合&神メソッドの2日間イベント】6月29日・30日
    開催!

    ~自分軸で生き、上昇した世界で生きる感覚を掴む2日間~

    お申込み、開始しました!
    【詳細・お申し込み】
    http://urx3.nu/ScWN

    歩くパワースポットである、スピリチュアル添乗員、五斗美湖さんと、
    意識オタク・セラピストのRieさんとのコラボツアー&ワークショップです。

    今、一番熱いパワースポットの京都、元出雲大社に参拝し、神々と繋がったあとには・・・
    不要なエネルギーと決別し、自分の軸で生きる爽快さを身に付けます!

    令和元年の今年、古い私から新しい私へのバージョンアップを、私たちと一緒にしませんか?

    1日目は、今年、『幸せになりたい人は絶対に行くべき神社、元出雲大社』に参ります。
    毎度、その時、そのメンバーにふさわしいミラクルが起こるんだとか?!
    美湖さんの、ご案内パワーは、単なる添乗員さんのものとは圧倒的に違います!
    既に今年ご案内している方の不思議体験も続々と寄せられています。
    是非、彼女がご案内するパワースポットへの参拝を体験してみませんか?(^ー^)

    そして、2日目、「自己統合&神メソッド・ワーク」
    地球は目覚めを決断したようです。
    こうなると、自分の「お役目」を意識し、地球と一緒に上昇することが大事!
    そうでないと・・・
    ますます、生きづらくなるかも?
    このワークでは、お役目をお伝えし、そのお役目に向かって、
    いらないバイブレーションを手放し、本来の自分→お役目を果たせる自分でいられるようにしていきます。

    そしてとっても楽しいワークの中で、本来の自分の意識=ゆるぎない自分軸で
    生きる爽快感を実感していただきます!

    この日常から逸脱した2日間で、「新しい自分で生きる」ことを決めてみてください!(^ー^)

    【詳細・お申し込み】(Rieさんのサイトに飛びます)
    http://urx3.nu/ScWN

    ご応募お待ちしております!

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top