みけまゆみの日めくりホロスコープ

  • このブログサイトは毎日の出来事を西洋占星術で予言(?!)していきます。
    内容は占星術を学んでいる人にはヒントに、詳しくない人はそれなりに(!)楽しめます。
    予言だけ知りたい方は、太字の部分だけご覧下さい。
    当ブログへのコメントは、
    Facebook上にコメントをお願いいたします。
  • 古い価値観を書き換える!

    10月25日(金)のホロスコープ!
    20191025.png

    はいこの日は乙女座の真ん中に、月があります。
    ご覧ください、ドラゴンヘッドを含みますが、見事なミスティックレクタングルと小三角ができています。
    これ、大部を少し広く取るとグランドセットスタイル一個欠けの状態になります。
    大体牡牛座の真ん中あたりから20度位に、体がある方がかなり影響を受けると思います。
    これは自分の感性を発揮していくこと、自分の気持ちや思いを乗せて物事をやっていくとスムーズに流れていくし、一見困難だと思えることも楽々超えていけるということになります。

    現在1番ストレスを感じやすいのは火星と土星の90度。
    つまり物事が切り替わると言う流れが、かなり急激に起こる感じなんですね。

    それに追随するのが、太陽と天王星の180度。
    通常であれば何のストレスもないですが天王星が逆行していきますので、価値観を変えていくというのが結構、難しいんです。

    こういう時にお勧めするのは、私は、エネルギーワークで潜在意識を書き換えること(私で言うとアットゾーンr)がダントツですが、その他にも簡単にどんな人でもできる方法があります。

    それは、
    これまで悪いと思ってきたことを良いと見る見方にするなど反対の視点を持つこと、
    もう一つは、ジャッジの物差しをフラットにするということです。

    こういう視点で物事を考える癖をつけていくと、ご自分の中の、価値観の変換は容易に行われていくでしょう。

    そのような視点を持っていくこと、それがここ数日の大きなテーマになる可能性は高いでしょう。
    そうしていかないと、これからの未来に乗っていけないからと言う宇宙の意図があるでしょう。

    さて、その目的を遂げるために、この日の月を中心としたグランドセクスタイル一個欠けの状態があると思います。
    物事を思考で考えようとするとなかなか受け止められないこともありますが、感性で受け止めようとすると、結構うまくいったりするんですよねそうするとスムーズに様々なことが受け入れられていくようになるでしょう。

    蠍座の時というのは、受け入れということが大事になってきます。それは蠍座が、融合を1つのテーマとしているサインだからです。

    そんなわけでこの日は、価値観を柔軟に変えていくためにも、ご自身の感性や、感受性を上手に使っていくと良いでしょう。
    またこれまで持っていた価値観をできるだけ緩めるようにしていくといいですね。
    そうしていくと、今現在持って起こっている課題やチャレンジに対しても、柔軟に対応できるでしょう。

    視覚化講座1&2 白のオーラ&黒のオーラ お申込み受付中!

    11月30日(土)・12月1日(日) 東京・新宿(市ヶ谷駅)開催!

    残席、白のオーラ初回の方は1席、黒のオーラは2席です!

    今年の視覚化講座、またさらにバージョンアップいたします!

    これからの時代、霊的世界がどんどん開いていて、その霊的世界と直接結びつきがある意識の世界、
    この部分にできるだけ直接アクセスし、その意識を高めていくことや、
    霊的な世界と連動させていくことが、充実した人生を送るのに大事になってくるでしょう。

    視覚化ができることは非常に有利に働きます。
    また自分がいつもどんなオーラをまとって生きているか、それを認識することもとても大事になってきます。
    こうした感性、感覚を伸ばした方が、圧倒的に、人生を変えていくことが早くできるようになります。

    そして今年は言語化と視覚化の両方をうまく使って、より早く意識を変えていくと言うことをお伝えしたいと思います。

    時代はますます加速してきています。
    今こそ意識の世界を変えていく、
    その超手っ取り早く、効果が最も高い視覚化の技術を体感してみませんか?

    お申し込みの詳細、講座内容の詳細はこちら!
    https://www.tsukinosu.com/home/kouza/shikakuka/

    皆様のご応募、お待ちしております!

    URL :
    TRACKBACK URL :
    Return Top